Entries

台湾アミ族の神

2007年6月24〜7月3日 一人旅で台湾を一周しました。(yahoo!フォトアルバム http://album.yahoo.co.jp/albums/my/236387/)台湾と日本は似ているだろうとは思っていましたが想像以上でした。なかでも驚いたのはアミ族の神が日本の神(天皇)の伝説と似ていることです。蕃郷風物記(初版1932年)は小泉鉄(1886~1954)が昭和初期に訪れた台湾の原住民の風物記です。その24ページ> 奇密社はアミ族の蕃社の中で最も古い伝統を伝え...

南インドと日本 01

前回の国立歴史民族博物館のパネルの部分を拡大する。展示8-a枠の中に銅鐸に描かれた脱穀する人の絵がある。大阪の国立民族学博物館で見たインドの耳飾りの絵が弥生時代の線画にそっくりなので驚いた。もちろん描かれた時代は違うのだろうけれど、インド、特に南インドと日本はよく似ている。同じく大阪の国立民族学博物館にあったインドの祭りの写真。南インドのヒンズー寺院は日本の神社とそっくりで、たくさんの山車があった。...

南インドと日本 02

南インドのタミルナードゥ州とケーララ州の建築は、木造の多いケーララ州の方が日本と似ているが、山車が多かったのはタミルナードゥ州の方だった。神輿を担いでいるのを見たのもタミルナードゥ州だ。タミルナードゥ州の寺院建築の特徴に「末端肥大症」があるそうだ。神谷武夫氏のサイトは旅行の前に何度も参考にさせていただいた。「末端肥大症」とは、初期のヒンズー寺院は本殿が高く立派なのに次第に四方の門が巨大化する現象だ...

「バリ島」ミゲル・コバルビアス著

インドネシアの旅をまとめるにあたってパソコン内を検索していたら出てきた読後メモインドネシアの旅【インドネシア 18】バリ島ウブド 博物館バリ島 ミゲル・コバルビアス著 平凡社 1991(@amazon)■村は個人が細胞であり、制度が器官であるような有機的組織体として統合されている。 村の心臓は中央広場で、決まって村の「中央」、つまり二つの大通りの交差点に置かれている。■市場も両替屋も女性が仕切る。女性は算術にも...

ププタンの精神

ニコニコ動画『橋下ブーム』は本物か?!『そのまま言うよ!やらまいか』http://www.nicovideo.jp/watch/sm17123697を見た。生放送より■ゲスト:山田宏(大阪市特別顧問・日本創新党党首)■出演堤堯(ジャーナリスト)日下公人(評論家)高山正之(ジャーナリスト)杉田 勝(ウィンインベストジャパン会長)宮脇淳子(モンゴル史家/学術博士)西尾幹二(ドイツ文学者/評論家)久保紘之(政治評論家)大塚隆一(シアター・テレビ...

【風習】頭蓋変形

ところで、熊本の松坂古墳や前原長溝遺跡の変形頭蓋骨について。松坂古墳は前方後円墳で、2つの石棺に葬られた6体のうち1体が変形頭蓋骨の女性だったそうです。前原長溝遺跡には3体の変形頭蓋骨があるそうですが、詳細が分かりません。魏志弁辰伝に「兒生、便以石atu[冠厭脚土]其頭、欲其褊。今辰韓人皆褊頭。男女近倭、亦文身。」とあります。倭人の条に頭蓋骨を変形させる話がないのだから、松坂古墳や前原長溝遺跡の被葬者...

環太平洋文明01

2009年7月にニューヨークとワシントンDCに行った。博物館で三星堆の「縦目」と共通する形を見て驚いた。三星堆の仮面の目が飛び出ているのが謎だと聞いていたのだが、環太平洋にあるじゃないか。学者は何をしているのだろう。 青銅縦目仮面(写真は2点ともwikipedia「三星堆」から引用) メトロポリタン美術館 オセアニア アメリカ自然史博物館 北西岸のインディアン 左:w,DC 国立アメリカ・インディアン博物館  右:NY...

環太平洋文明02

 左:メトロポリタン美術館 オセアニア   右:アメリカ自然史博物館ベトナム MNONG族の女性「耳飾り 縄文」で画像検索すると同じ形がたくさん見つかる。wikipedia>日本における装身具の歴史>耳飾http://control.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=new■全文引用>縄文時代には石を円形に刳り抜き、一部を削り取った玦状耳飾や、耳栓状耳飾が出土しており、主に女性の耳朶を穿孔してその孔に装着したと考えられ...

【考古】宇津久志1号墳で出土したガラス玉 ローマ製

古代は輝いていたあああ!!!以下↑付きコメント(※以下グレー文字)を入れながら・・・【考古】宇津久志1号墳で出土したガラス玉 ローマ製と確認 長岡京、「重層」で 国内初 京都http://unkar.org/r/scienceplus/13403710531 :TOY_BOx@みそしるφ ★:2012/06/22(金) 22:17:33.47 ID:???長岡京市天神の古墳時代中期の「宇津久志1号墳」で出土した 国内最古級の重層ガラス玉を古代ローマ製のローマガラスと確認したと、 奈良文...

ドンソン文化と円筒埴輪

「東南アジアの美術」フィリップ・ローソン著(P14〜引用)--------------------------------ドンソン青銅器の出土品のうちでも、最も興味深くまた意味深いのは、多くの巨大な青銅鼓である。これらは死者の埋葬に使われたこともあったらしい。有名な「バリの月」(第5,6図)もおそらくそのような青銅鼓の1つであろう。これらはくびれた胴を持った太い円筒形の上に、平たい鼓盤が置かれている。鼓盤の中心にはほとんどの場合、放射...

シャイレーンドラ朝など

インドネシアには凄い王国があった。------------------------------------------------------------------------------------------シンガサリ王国のクルタナガラ王のもとにモンゴル帝国のクビライの使者が来て朝貢を求めたが、その顔に刺青を入れて送り返したので、1293年にモンゴルのジャワ遠征が行われたが、クルタナガラ王はクディリ王家の末裔と呼ばれる当地の領主ジャヤカトワンの反乱によって前年1292年に殺されていた。ク...

チャンパのヴィジャヤ朝

オーストロネシア語族(マレー・ポリネシア語族)のチャンパ王国にもヴィジャヤ朝があったという。インドネシアのシュリーヴィジャヤと関係あるのかググると「ヴィジャヤ」はサンスクリットで「勝利」という意味だそうで偶然の一致なのかもしれない。とはいえ東南アジア全域がインド化していたのだなあと改めて思う。2012年にダナンのチャム彫刻博物館で購入した「海のシルクロード チャンパ王国の遺跡と文化」(トヨタ財団発行)...

インドネシア メモ

インドネシアはヨーロッパ人によるインド以東諸島部の総称だった。現在のインドネシアの版図は民族や言語や宗教によるものではなくオランダ東インド会社の領土だった。そのため分離独立運動が立て続けにあった。イリアンジャヤ(パプア州)やアチェ(スマトラ島西部)の独立が認められない中、東チモールが分離独立したのはポルトガルの植民地だったから。アチェ王国王国の起源はチャム族にある。1471年、チャンパ王国ヴィジャヤ王...

インドネシア メモ 2

ムガール帝国はジンギスカンの末裔が建てた国だからモンゴル(ムガール)帝国と名付けた。ニューヨークはイギリス人ヨーク公の、フィリピンはスペイン皇太子フェリペから。古今東西、征服王は自身の出自にこだわる。天皇が日向に天降り、畿内と九州に地名の相似があるのは大和朝廷の故国が九州である証拠だ。それはおいておいて。インドネシアという呼び名はオランダの植民地時代に始まった。たくさんの王朝が並立していたインド以...

インドネシア メモ 3

インドネシアの歴史は複雑だけれど、そもそもヨーロッパと東南アジアは構造が似ていると最近気がついた。ヨーロッパは紀元前後にローマ文明を受け入れた。東南アジアも紀元前後にインド文明を受け入れた。両地域の支配層は国境を超えて姻戚関係を持ち、興亡を繰り返した。東南アジアではシュリーヴィジャヤ王国とシャイレーンドラ朝が姻戚関係にあり、シャイレーンドラ王家はサンジャヤ朝とも姻戚関係にあった。クディリ朝とバリ島...

Appendix

プロフィール

ざる

Author:ざる
ganko*k8.dion.ne.jp(*→@)
リンク・引用:フリー(連絡不要)
書籍やネットからの引用文は
緑色にしています。

アップ後1ヶ月以上経った記事の変更は追記にしますが、アップ後数日の記事はことわりなく修正する事が多いです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR